ココアコーヒー

ココアとコーヒーのカフェイン量を比較!妊婦中・子供・生理中などはどっちがおすすめ?

コーヒーココアのカフェイン量の違い

ココアにもコーヒーにようにカフェインが含まれています。

ココアのカフェインについて

  • ココアのカフェイン含有量は多いの?
  • ココアのカフェインにはどんな効果効能がある?
  • ココアとコーヒーのカフェイン量を比較
  • 眠い時のカフェイン利用法
  • 妊娠中、生理中はどっちが良い?
  • 子供とカフェインの関係

などをまとめてご紹介します。

美味しく味わえるコーヒーやココアで、カフェインの健康効果を利用できたら嬉しいですね。

ココアにも「カフェイン」が入っている

kokoa coffee

「カフェイン」といえばコーヒーの特徴的な含有成分です。

しかしココアにもカフェインは含まれており、コーヒーとは含有量や効き目が違います。

コーヒーが飲めない方や、ココア好きの方、妊婦さんには『ココアのカフェイン』を効果的に摂取できたらいいですよね。

コーヒーとココアのカフェイン量を比較

コーヒー ココア 違い 

どのくらい含有量に違いがあるのでしょうか?

ココアにはタイプが2種類ある

ココアパウダー商品

比較する場合、ココアには2種類のタイプがあり、カフェイン量が違ってくるので両方紹介します。

【ピュアココア(純ココア)】
カカオの原料から油脂を取り除きパウダーにしたもの
ピュアココアパウダー

【ミルクココア(調整ココア)】

ピュアココアに砂糖や乳脂肪などを加えて飲みやすく加工した製品

ピュアココアパウダー

コーヒーとココアのカップ1杯カフェイン含有量

コーヒーとココアのカフェイン量
*カップ1杯作った時の分量で比較

  • インスタントコーヒー(2g):60mg
  • ピュアココア(5g):10mg
  • ミルクココア(12g):微量
コーヒー ココア  レシピ

ということで、
ココアのカフェイン量は微量であることがわかりました。

【関連記事】コーヒーとココアの違いは?

「コーヒー紅茶ココア」3つの飲み物のカフェイン量を比較

紅茶と比べるとカフェイン量はどう違うのでしょうか?

  • インスタントコーヒー(2g):60mg
  • 紅茶(5g):30mg
  • ピュアココア(5g):10mg
  • ミルクココア(12g):微量

紅茶はココアよりもカフェイン量が多く、コーヒーと比べると半分くらいだといえます。

カフェインの眠気覚まし効果!どっちをいつ飲む

コーヒー カフェイン

カフェインには覚醒作用・興奮作用があるので、寝る前飲むと眠れなくなってしまいます。

逆に仕事中や運転中など、昼間の眠たくなった時の対策には「カフェイン」が最適です。

集中力も高まりますよ。

眠い時にはコーヒーorココア

ココア コーヒー 健康

眠気覚ましという目的なら、カフェイン量の多い「コーヒー」を飲むと良いですね。

特にミルクココアには微量のカフェインしか含まれていないので覚醒効果などは期待できません。

夜のコーヒーとココア

コーヒーを夜飲むと不眠になることがあり、今から寝るという夜中は『ココア』がおすすめです。

ミルクココア 粉

ココアにはテオブロミンやカカオポリフェノールの効果で血管を拡張して体を温める効果があります。

ホットココアドリンクの作り方

ピュアココア(純ココア)で作る”ホットドリンク”がパッケージに書かれていました。
ココアドリンク 作り方

ココアとコーヒー朝におすすめなのは

朝は目が覚めるように「カフェイン」の多いコーヒーがおすすめです。

しかし栄養価の高いココアもおすすめ!

朝に飲むドリンクは、その時の気分や目的によって選ぶといいでしょう。

カフェイン健康効果(胃・妊婦・子供への影響)

コーヒー ココア レシピ

カフェインの影響は個人的に違ってくるので摂取上限量は決まっていません

しかし、カフェインの作用で注意が必要な場合をまとめました。

【関連記事】コーヒーとココアの健康効果

コーヒーとココア「胃」への影響

コーヒーには胃酸の分泌を促進する作用があります。逆流性食道炎や胃炎のある方は、コーヒーを食前に飲むと「胸やけや胃の痛み」の原因になるのでご注意ください。

胃が弱いけどコーヒーを飲みたい方は、コーヒーに植物性脂肪の「豆乳」を混ぜると胃粘膜を保護するのでおすすめです。

一方のココアには、抗菌効果によって胃のピロリ菌を抑制するという報告があります。

試験の結果、紅茶、ウーロン茶、ココアが高い効果を有していましたが、ココアが最も少ない添加量でピロリ菌の接着を阻害し、ピロリ菌の胃上皮細胞への付着抑制効果が最も高いことが分りました。
*情報引用元:ココアのピロリ菌殺菌効果

 

生理中はコーヒーよりココアがおすすめ

ココアには血管を拡張させる効果のある「ポリフェノール」が、血流を良くして体の冷えも改善してくれます。

また、生理によって失われやすいミネラルの鉄分も含むので、貧血予防にも効果的。

栄養価も高いので生理中にココアは特に最適な飲み物です。

カフェイン量もコーヒーや紅茶と比べてごくわずかなので夜でも安心して飲むことができます。

妊娠中はコーヒーよりココアがおすすめ

世界保健機構(WHO)は、カフェインの胎児への影響はまだ確定していないものの、取りすぎると出生時に低体重となるリスクなどがあることから、妊婦に対しコーヒーを1日カップで3~4杯にするよう呼びかけています。

禁止ではありませんが、妊娠中はコーヒーより栄養価や健康効果の高い「ココア」に代えるのもいいかもしれません。

ただしミルクココアなどは甘いので糖分には気をつけて。

【関連記事】ココアコーヒーのダイエット効果

子どもへのカフェインの影響

コーヒーは苦味もあり子どもが好む飲み物ではありませんし、カフェインの影響もあります。

子どもは大人よりもカフェインの作用が強く受けてしまいます。(覚醒作用、興奮作用、胃酸の分泌、利尿作用など)

10歳以下の子どもさんは、コーヒーよりもカフェインが微量しか含まれていないココアが安心です。

まとめ・ココアとコーヒーのカフェイン

インスタントコーヒー作る

コーヒーとココアに含まれるカフェイン量は断然コーヒーが多かったです。

コーヒーに多いカフェインには覚醒効果や興奮効果があり、眠い時や集中したい時におすすめです。

ただし、胃が弱い方や、妊娠中や生理中、そして10歳未満の子供さんの場合にはカフェインが多いコーヒーよりも、栄養価の高いココアがおすすめです。

コーヒー ココア 相性

どちらもメリットの多い飲み物なので、用途や体調に合わせれば、美味しく体に良い働きをしてくれます。

【関連記事】

珈琲とココアを混ぜたレシピ・作り方と健康効果のメリットは!

コーヒーとココアを混ぜるとカフェモカになる

ココアコーヒーの作り方

コーヒーとココアの違い