チョココーヒー

チョコレートコーヒー豆「明治コーヒービート」が美味しい!値段や販売店

チョコレートコーヒー豆のお菓子
「明治コーヒービート」が美味しい!

コーヒービートの値段や販売店などの情報をまとめています。

チョコレートコーヒー豆のお菓子「明治コーヒービート」はどこで売ってる?

チョコレートコーヒー豆「明治コーヒービート」が美味しい!

チョコレートでできたコーヒー豆の形のお菓子があります。

いろんなメーカーのお菓子が販売されていますが、一番美味しいのは「明治 コーヒービート」ではないでしょうか?

1971年(昭和46年)に発売以来、まろやかなコーヒーミルク味で幅広い世代から 親しまれているロングセラー商品、明治「コーヒービート」

昔から売られていて人気です。

明治の「コーヒービート」とは・発売された年

明治の小粒チョコの定番ともいえるお菓子にはいくつかあります。

  • アポロチョコ
  • チョコベビー
  • マーブルチョコ
  • コーヒービート
  • バナナチョコ

アポロやマーブルチョコは今でもスーパーやコンビニでよく見かけますね。

「コーヒービート」も昔から売られています。

明治のコーヒービートは1971年(昭和46年)に発売されました。
50年以上も売られているロングセラー商品です。

細長い筒状のパッケージに入っているのも特徴的。

コーヒー豆の形をしていて、チョコレートがコーティングされています。

コロコロかわいくて美味しいチョコです。

明治コーヒービートの紹介ページ

 

「コーヒービートは美味しい」理由・みんなの声

コーヒー豆の可愛い形をしていて、パリパリとした食感のあとは、チョコレートの甘さとコーヒーの風味が口の中に広がっていきます。

大人だけでなく子供でも食べれるコーヒー味です。

コーヒー豆の形を模したチョコレートで、手で溶けにくいようにコーティングされています。

口の中にチョコの甘さとコーヒの香りとちょっぴりのほろ苦さが広がります。

コーヒービートの原材料

砂糖、全粉乳、ココアバター、乳糖、カカオマス、植物油脂、クリームパウダー、コーヒー、でん粉、水あめ、脱脂粉乳、ゼラチン、乳化剤(大豆を含む)、香料、光沢剤、タマリンド色素、増粘剤(アラビアガム)、卵殻カルシウム

(一部に卵・乳成分・大豆・ゼラチンを含む)

チョコレートコーヒー豆・昔からの人気商品

明治コーヒービートジャンボ(大きいサイズ)

商品名 明治 コーヒービートジャンボ
内容量 1本:105g
サイズ (高さx奥行x幅):108mmx224mmx74mm
1本のカロリー 536kcal
人気おすすめ度
Amazonの購入者評価
★4.5
エネルギー 536kcal
たんぱく質 6.0g
脂質 25.2g
炭水化物 71.3g
食塩相当量 0.16g

 

明治コーヒービート(普通サイズ)

商品名 明治 コーヒービート
内容量 1本:32g
サイズ (高さx奥行x幅):128mm×52mm×143mm
1本のカロリー  163kcal
人気おすすめ度
Amazonの購入者評価
★4.4
エネルギー 163kcal
たんぱく質 1.8g
脂質 7.7g
炭水化物 21.7g
食塩相当量 0.05g

明治コーヒービート業務用(袋入り)

商品名 業務用 明治 コーヒービート チョコレート
内容量 1袋:1Kg
サイズ (長さx幅x高さ) 19 x 8 x 28 cm
1袋のカロリー  5105kcal
人気おすすめ度
Amazonの購入者評価
★3.7

チョコレートコーヒー豆「コーヒービート」値段

それぞれの販売店で若干値段が違います。

価格.COMで調べると、32g(普通サイズ)の10本まとめ買いの場合、値段が1,101円~1,300円ほどで売られていました。

チョコレートコーヒー豆「コーヒービート」どこで売ってる?

明治のコーヒービートはどこで売ってるのか調べてみました。

市販(店舗やコンビニ)

コーヒービートは市販でも売られています。

  • スーパー
  • 駄菓子屋
  • コンビニ

など。

店舗によっては置いてないお店もあります。

通販(Amazon)

売ってあります。

通販(楽天市場)

売ってあります。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です