チョココーヒー

コーヒーに合うチョコレートのお菓子おすすめ5選!

コーヒーと合うチョコレート菓子

コーヒーに合うチョコレートのお菓子おすすめ5選!

コーヒーを飲む時のお供にチョコレートを食べる方も多いのではないでしょうか?

実はコーヒーとチョコレートは原料や製造方法に共通点があったり、成分も似ていて組み合わせて摂取すると味の相乗効果が起こるのです。

どうせならもっと美味しく楽しみたいですよね。

今回は、コーヒーと特に相性がいいチョコレートの種類と、おすすめのチョコレート菓子を5選ご紹介します!

コーヒーに合うチョコレートの特徴

ホワイトチョコレートコーヒー レシピ

皆んな大好きな甘くてコクのあるお菓子「チョコレート」は、大人な飲み物であるコーヒーとよく合います。

チョコレートにはMariage(マリアージュ)と言って、“組み合わせてお互いの味を引き立て合う食べ方”があります。

その一つに珈琲(コーヒー)があるのです。

コーヒーに合うチョコレートの種類とは?

コーヒー チョコ ミックス

チョコレートにもたくさんの種類がありますが、コーヒーと相性がいいものはどれでしょうか?

美味しく味わえる「チョコレートの種類」と「コーヒーの銘柄・入れ方・味」の組み合わせが5つあります。

「ミルクチョコレート」はコーヒー全般に合う

チョコレートコーヒー 作り方 材料

砂糖だけでなく「乳製品」が含まれたミルクチョコレート。

ミルクチョコレートを苦味のあるコーヒーと一緒に食べると、甘さとミルクのまろやかさが加わり美味しくなります。

「ブラックチョコレート」とコーヒーを合わせると大人な味わいに

インスタントコーヒー ブラックチョコレート

ブラックチョコレートは砂糖は入っていますがミルクチョコレートのように乳製品は入っておらず、カカオ分が多くて苦味があります。

*高カカオチョコレートより苦くない。

ほろ苦いコーヒーに、あえて苦味のあるブラックコーヒーを合わせて食べると、深いコクがあり大人な味わいがあります。

また、ブラックコーヒーに砂糖やミルクを入れたカフェオレを組み合わせると、甘さと苦味が中和されてバランスがよくなり、飲みやすくなります。

「フルーツ系チョコレート」と酸味があるコーヒー

フルーツ系チョコレートとは、柑橘系の香りや酸味が

キリマンジャロやエチオピア産のコーヒーは酸味が強いのですが、意外に同じ酸味があるフルーツ系のチョコレートが合います。

他にも、フルーツ系のコーヒーには浅煎りコーヒーがさっぱりしたよい後味になります。

「ナッツ系チョコレート」と酸味のあるコーヒー

香ばしいナッツやシリアルが入ったチョコレートもコーヒーと相性がいいです。

コーヒー専用に作られたチョコレート

「カフェタッセ」というベルギーで誕生したコーヒー専用のチョコレートがあります。

美味しいチョコレートと美味しいコーヒーの相乗効果でうまれたのです。

コーヒーに合うチョコレート菓子おすすめ5選!

チョコレートコーヒー ドリンク

実際にどのチョコレートを購入したらいいのか?

具体的なチョコレートの商品名を5つ選びました。

①明治・ミルクチョコレート

明治 ホワイトチョコレート

板チョコの「明治ミルクチョコレート」は有名ですね。

定番ですが、ミルクチョコレートとコーヒーを組み合わせるとお手軽に美味しいティタイムになりますよ。

②ガーナ・ブラックチョコレート

板チョコで有名なチョコレート菓子です。

③フルーツチョコレート

フルーツ系のチョコレートと合わせると、コーヒーがスッキリした飲み心地になります。

フルーツには、いちご、オレンジ、レーズンなどのドライフルーツがいろいろ使われていて、お洒落なチョコレートがたくさん販売されています。

④アーモンドチョコレート

アーモンドチョコレートはいろんなメーカーで販売されています。お好きなアーモンドチョコレートを、ちょっと酸味のあるコーヒーと一緒に飲んでみてください。

⑤ベルギーチョコレート「カフェタッセ」

ベルギー生まれの本格派チョコレート「カフェタッセ」は、コーヒー専用のチョコレートです。

Café-tasse(カフェタッセ)という名前は、フランス語で”コーヒーカップ”を意味します。

コーヒーとのフェーリングの良さに追求してできたチョコレートなのです。

【関連記事】
チョコレートとコーヒーが合う3つの理由とは?

チョココーヒーの健康効果とは?

コーヒーにチョコレートを入れるドリンクのレシピ